-

カード利用料の口座引き落とし遅れが多発する:口座引き落としの踏み倒しをしてしまわずともクレカ請求の口座引き落とし日に預金残高が足りないため、振り替えが不可能という事象がたびたび起こっている時には、クレジット会社のほうが『いつでも金欠であるようだ』と予測してくることで没収という事態になってしまうこともあります。

支払い能力は問題なくあるのにもかかわらず悪気なく振り替えできない状態にしてしまう・・・という行為を繰り返していても、クレカの会社の視点で見れば信頼できないというメンバーというランクになってしまうから多額の借金をしているかそうでないかということは関係なく強制没収という扱いになってしまうケースもありうるため注意しましょう。

だらしない人への判断というものはやっぱり高くないのです。

ただの一度でもこのようなカード利用料の引き落としができない問題が出ると、利用期限まで決済でいたとしても次の継続更新が不可となる場合こともあるのです。

それだけ意味のあることだと理解し支払日に関しては何があっても覚えておくようにしてほしい。

クレジットキャッシュ化というサービスを使用してしまう→カードのキャッシング額がすでに足りず、もう金融機関からキャッシュを調達できない際に、クレジットカードキャッシュ化と言われるショッピング枠を利用した換金方法を利用すると、そのことによりクレジットの強制没収という処理がされる例が存在するのです。

元はといえばクレジットカードの発行会社というのは契約条項において現金化を目的としているクレジットでの買い物について禁止しているために、クレジットキャッシュ化利用=没収と陥ってもおかしくないのです。

つい財政状態が厳しいからといって現金化などというものを利用すると、支払い残の一括請求などというものをもらう場合があるため絶対に関わらないようにしてほしい。

Category

リンク