-

クレカをショップにおいて利用する時にみなさん経験があるかと考えますが、店頭の人がわからないためにどの明細を利用者の方に提示するのか迷うことがおありかと思います。おすすめ リコピンサプリメント 高配合生酵素

クレジットを機械に通すと端末より複数の紙というものが印字されるためでこのレシートのうちどの紙を利用者へ渡したら良いかわからないというケースがあるのです。

数枚の利用明細について→これらの複数の明細レシートの正体とは何かをまとめると下記のようになります。

1利用者へ渡す使用明細。

2店舗控え利用レシート。

3カード会社保管用利用明細(署名をする明細)。

本来はあたりまえのように利用者へ渡すべき使用レシートを渡してくれるはずなのですが時として別の使用レシートを利用者側へ渡す場合や、サインをしたレシートを渡すというといった大きなミスなども存在します。

特にアルバイトの担当者であったり、それほどクレジットカードというものが利用されないお店にてクレジットカードを利用するとこのような担当者の迷いというものが体験できるのではないでしょうか(笑)。

万が一店舗従業員が違う利用明細というものを渡してきた際は冷静に「違いますよ」と正してみてはいかがでしょうか。

Category

リンク